コレステロールは摂り過ぎに注意|適度に摂取するコツ

目に効果的な成分とは

眼精疲労

眼精疲労をそのままにしておくと視力が落ちたり病気の原因となります。目に効果的な成分はアントシアニンやルテイン、アイブライトなどがあります。どれも高い抗酸化作用があり眼精疲労や眼病を予防します。アントシアニンとルテインのサプリメントは数多く販売されています。

More Detail

ミツバチの巣で健康体に

ハチミツ

プロポリスはミツバチの巣で雑菌をシャットアウトしています。そのためこの原液を摂取すると、殺菌作用によって感染症が防がれやすくなります。また、痒みをもたらすヒスタミンの分泌も抑えられます。ただし熱に弱い酵素が含まれているので、40度以上に加熱しないよう気をつけて摂取したり保管したりすることが大事です。

More Detail

数値を下げるには

男の人

肝臓を労わる

コレステロールは食べ物から20%、残りは肝臓でうまく作られ、分解されるかにかかっています。よって食事による摂取制限を行ってもさほど効果がなく、摂取上限も廃止されました。つまりコレステロール下げるために食事からの吸収を抑える薬もありますが、あくまで補助的であり、劇的な改善を期待し処方されることはありません。一般的に処方されるコレステロール薬は生成を抑える薬です。肝機能を回復させるような薬は第一選択薬ではありません。肝機能を改善するためには脂肪肝などがあれば、それを治療する必要があります。もし異常が無ければ、タウリンやウコンなどで肝機能を補助してやることでコレステロール値が正常に近づく場合もあります。

健康食品の併用

肝機能改善にいいとされているタウリンや、ある種のビタミン類、ウコンなどは栄養ドリンクあるいは健康食品として販売されています。価格も比較的良心的で続けやすいです。タウリンは貝柱などの海産物に多く含まれています。ウコンは春、秋、紫ウコンなどがありそれぞれお酒に効果がある成分やコレステロール値に影響を与える成分が含まれている含有量が異なります。秋ウコンは二日酔いに効果があり、紫ウコンではコレステロールを排泄する成分が多く含まれていると言われています。またウコンには疲労回復効果もあるため、疲れやすい30代後半からの方にお勧めです。ウコンは別名ターメリックやガジュツであるため、漢方薬として用いられています。

沈黙の臓器を守る成分

夫婦

飲酒や二日酔いに効果があるとされているオルニチンですが、肝機能全般を手助けする機能を持っています。肝臓は体全体の毒物を除去する働きを持っています。しかし現代社会では酷使し続けている事もあり肝機能が弱っているのです。

More Detail